脳機能画像検査を施行する目的は3つあります。1番目は、病歴や問診・診察から認知症に進展しているのか否かの判断ができない事例における補助診断としての役割。2番目は認知症の病型診断。3番目は血管性認知症と考えられる事例における病態の解明です。

脳画像で認知症を診断できると誤解していませんか?の画像

ログインして全文を読む