性感染症(Sexually Transmitted Infection:STI)」と聞くと、「性器に病変のある疾患」と考えがちだ。ところが実際はそうとは限らない。実はSTIに罹患していても、主病変が性器以外に存在すると、患者さんはまず一般内科医を受診することになる。一方、内科医にとってはSTIを系統的に学ぶことのできる場が非常に少なく、診断すべきSTIを見のがしてしまう可能性がある。

内科医のための性感染症診療のコツの画像

ログインして全文を読む