呼吸器内科の専門性を生かして首都圏で開業したA医師。当初から、早めに医療法人化することで分院を複数展開し、いずれは医療法人の理事長として経営に専念したいと考えていました。

本院と分院の院長が対立、分院長退職の事態にの画像

ログインして全文を読む