新規開業するクリニックの新患獲得手段として、ホームページの重要性は年々増しています。特に、精神科・心療内科、泌尿器科、婦人科など、診療を受けようと考える人が、まず自分の症状を治してくれる医療機関がどこにあるのかをインターネットで情報収集するような診療科目においては、ホームページによる広告戦略が事業立ち上がりの成否を分けるといっても過言ではありません。

「開院1週間、ほぼ患者ゼロ」の大誤算の画像

ログインして全文を読む