現在勤務している病院のすぐ近くで半年後に開業することが決まった総合内科医のP氏は、クリニックでの診療を想定しながら外来勤務をこなしていました。勤務先の病院は、今の担当患者を引き継いでいくことを了承してくれただけでなく、開業後にP氏の患者が急変した際などに積極的に受け入れることを約束してくれました。P氏は順調に開業できる見通しが立ったと感じ、退職までの病院での毎日の診療が楽しくてたまりませんでした。

連携先の看護師と怒鳴り合い!その結果…の画像

ログインして全文を読む