内科医のF氏は、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の1階でテナント開業する医師の募集広告を見つけ、すぐに賃貸借契約をすることにしました。サ高住とは、単身高齢者や夫婦のみの高齢世帯が増える中、厚生労働省と国土交通省が2011年度に共同で創設した制度で、安否確認や生活相談サービスの提供が義務化された住宅です。医療や介護のサービスは外部の医療機関や事業者が提供します。

開業のわずか半年の遅れで患者が集まらない?!の画像

ログインして全文を読む