患者確保などの面で有利と考え、地方の総合病院のすぐ近くで内科の診療所を開業したG氏。病院の勤務医や地域連携室などと密にコミュニケーションを取ることを心がけ、信頼関係を築いてきました。こうした取り組みが功を奏し、患者は徐々に増えて経営も安定するようになりました。ところが、度重なる診療報酬の引き下げや、大学病院による医師の引き揚げなどで総合病院の経営状態が急速に悪化。ついには、閉鎖してしまったのです。

近隣の病院と薬局が撤退!の画像

ログインして全文を読む