5月15日、栃木・群馬・埼玉・茨城の4県にまたがる渡良瀬遊水池で行われたトライアスロン大会に参加し、初挑戦ながらなんとかゴールしてきました。水泳1.5km+自転車40km+マラソン10kmの「オリンピックディスタンス」と呼ばれる距離で、合計51.5kmです。ランニングや自転車に続き、トライアスロンも静かなブームになっています。ビジネスマンや主婦はもちろん、医師の中でも愛好家は増えているようです。

ログインして全文を読む