鼻アレルギー治療はここ2〜3年でどのように変わるのだろうか。1日1回噴霧の新しい鼻噴霧用ステロイド薬が登場すれば、花粉症の1カ月処方が定着するだろう。また鼻噴霧用ステロイド薬がOTCとして販売されるようになれば、軽症・中等症の患者の一部は、病院を受診する必要がなくなる。新たな治療法としては、ヒト化抗IgE抗体 (オマリズマブ) 療法や舌下免疫療法が登場しそうだ。

3年後の鼻アレルギー治療の画像

ログインして全文を読む