花粉症の発症の過程でカギとなる役割を果たしているのが肥満細胞とIgE、 好酸球だ。肥満細胞表面の受容体FcεR1にIgEが結合すると、結果的に肥満細胞数が増加し、鼻症状を悪化させる。最近、IgEとFcεR1の結合を阻止する薬剤が開発され、国内でもスギ花粉症で既に治験が終了し、良い結果が出ている。好酸球はアレルギー性鼻炎の診断で重要な指標だが、その働きは解明されていない。

肥満細胞とIgE、 好酸球は何をしているのかの画像

ログインして全文を読む