花粉症の治療戦略を立てる上で、鼻アレルギー反応が鼻粘膜のどこで、どのように起きているのかを理解することは重要だ。例えばくしゃみ、鼻水は、鼻粘膜上皮層で粘膜型肥満細胞がヒスタミンを遊離し、このヒスタミンが三叉神経終末を刺激して誘発される。そのため反応を防ぐには、鼻粘膜上皮層をレーザーで焼却したり、鼻噴霧用ステロイド薬で粘膜型肥満細胞数を減らすことが有効となる。

鼻アレルギーは鼻粘膜のどこで起きているのかの画像

ログインして全文を読む