花粉症についてマスコミが多くの情報を流すことが患者の受診行動につながることは良いことだ。しかし、医師も患者も、その情報を鵜呑みにしないでほしい。患者の生活パターンによって暴露される花粉量は異なり、初期療法の開始時期も考慮すべきなのだ。また空気清浄機の効果を過信したり、花粉に対して過敏になることもある。症状を見ながら冷静に対応することが必要ではないだろうか。

スギ花粉症の常識を疑え!の画像

ログインして全文を読む