スイス・ジュネーブは赤十字の創設者アンリ・デュナンを生み出し、「国際赤十字」の本部が置かれていることから、「人道援助の街」として知られている。人道活動と医療保健衛生は密接なつながりがあり、政府からは独立した地位を確保してきた赤十字ならではのグローバルヘルスへの取り組みが存在する。

国際赤十字のグローバルヘルスへの取り組みの画像

ログインして全文を読む