2000年に日本が議長国として沖縄で主催した、「G8サミット」。このサミットの主要議題の1つに、「途上国の感染症問題」を取り上げことは画期的だった。途上国の保健問題が、G8サミットという外交の場で主要議題にあがり、保健外交(Health Diplomacy)という言葉が流行する契機となったのだ。

日本発のビジョンが生んだ「世界基金」の役目とはの画像

ログインして全文を読む