インクレチン関連薬の1つとして最近注目されているのがGLP-1(glucagon-like peptide-1)受容体作動薬です。これは、血糖依存性にインスリン分泌を促進し、そしてグルカゴン分泌も抑制することで血糖降下作用を発揮する薬剤です。単独処方であれば低血糖を来さず、体重減少降下も期待できるため、インスリン分泌能が保たれている肥満2型糖尿病患者に特に有用な薬剤の1つとされています。

GLP-1受容体作動薬を選択すべき患者とは?の画像

ログインして全文を読む