日本では長年、SU薬が広く使用されてきたため、特に高齢者での重症低血糖が大きな問題となってきました。そのため私は、(1)特に高齢者ではSU薬はなるべく使用しないこと、(2)やむを得ず使用する場合にはできるだけ最少量で、(3)他剤との併用で、なるべく最後に使用すべき――だと考えています。今回は、前回に引き続き、高齢者2型糖尿病の適切な薬剤選択のポイントをご紹介したいと考えます。

高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する?の画像

ログインして全文を読む