当院は、性的マイノリティのためのクリニックとして、2007年10月に東京都新宿区に開院し、先月に開院10周年を迎えました。長年ご苦労されてきた開業の先生方からすれば、まだまだと思われることでしょう。しかし、都心でのクリニック経営の難しさがいわれる昨今、落下傘開業で、性的マイノリティへの医療という、辺境の取組みをしている当院がなぜ10年間生き残れたのか、私は不思議でなりません。

性的マイノリティの医療をアジア太平洋地域にの画像

ログインして全文を読む