私が後期研修を終え、とある病院で勤務していたときのこと。肺炎で入院となった患者さんがいました。精査により、ニューモシスチス肺炎によるエイズ発症と診断。その方は独身の50歳代の男性同性愛者(ゲイ男性)。ご本人はこれまでにHIV検査をされたことはなく、病名を告知した際に大きなショックを受けられましたが、できる限りの治療を希望されました。その患者さんに、入院当初よくお見舞いに来ていた初老の男性がいました。入院後しばらくして両親が面会に来るようになり、患者さんからは両親を含む家族に病名を伝えないよう強い希望がありました。

男性同性愛者を見舞う家族と初老男性の狭間での画像

ログインして全文を読む