前回、カルテ記載およびアテンディング医へのプレゼンテーションは、ビジネスに例えるなら「企画書」のようなものであり、これをしっかりと記載することで、自分の頭が整理され、また自分自身の思考過程がはっきりとしてくると述べた。今回は前回の予告通り、ノート(カルテ)記載のポイントに関して述べてみたい。

診療方針が一目で分かるカルテ記載を!の画像

ログインして全文を読む