病歴聴取では、言葉以外の「何か」を聞き取ることも大切である。患者のジェスチャー、質問した時の目の動き、目線の変化、声のトーンなどなど。ロバート・テイラー医師は彼の著作の中でこれを、「第3の耳で聴く」と表現している。

第3の耳で聴け!言語以外の「何か」も大切の画像

ログインして全文を読む