私の臨床技術はお師匠さんからの「のれん分け」だと、個人的には思っている。コミュニケーションの重要性に関する意識、病歴聴取の重要性に関する意識、そしてそれらのスキル。日本で内科研修を受けたことのない私にとって、これらは皆米国内科レジデンシー、さらにその後のホスピタリストシステムを介して、全てお師匠さんから受け取ったものだ。

患者のストーリーを頭に描け!糸口は必ず病歴にの画像

ログインして全文を読む