75歳の母がついに白内障の手術を受けました。白内障の手術は眼科では一般的であるにもかかわらず、今回、父(元内科医)と姉(放射線科医)の話を聞き、他科のドクターにとって白内障の手術のイメージはいまだ20年以上前のものであることに気付きました。最近の白内障手術はどんなものなのか、他科のドクターのご参考になればと思い、母の手術の模様をお届けすることにしました。

多焦点眼内レンズの満足度はいまひとつか?の画像

ログインして全文を読む