白内障など加齢性の眼疾患の増加で、目が不自由な患者さんが訪れる機会は、眼科に限らず増えていく。見えないことに対する小さな配慮があるかないかで、来院した患者の満足度、不安の度合いは大きく変わるもの。目が不自由な方への接し方の基本は、他科の方にもぜひ覚えておいてほしい。

目が不自由な患者への配慮、あるかないかで大違いの画像

ログインして全文を読む