交通外傷で整形外科に入院していた患者が、「何となく見えにくい」と紹介されてきた。手術後の状態も安定し、明日退院とのこと。眼科研修医に成り立ての自分がのぞいた眼底に見えるのは、どう見ても雪だるまの白い玉。「変なものがある」と先輩医師に回したところ、「えっ、 今日退院? じゃ、眼科に転科ね」と、そのまま眼科へ入院となった。

ログインして全文を読む