「A型行動パターン」とは、1959年に米国の循環器病学者であるフリードマンとローゼンマンらが指摘した、虚血性心疾患と密接な関係がある行動パターンの様式をいう(血液型とは関係ない)。

ログインして全文を読む