私自身が緩和ケアに対する誤解だと感じていることに「特別視」があります。すなわち、「緩和ケアは特別なもので、一般の臨床医がするものではない、できることではない」という誤解です。よく院内外の主治医から「緩和ケアをお願いします」という紹介状が届くのですが、お願いしますではなく、一緒にやろうよって思うのです。治らない病を抱える患者の苦痛を緩和する役割は、関わる全員にあるはずです。

若い医師ほど誤解が少ない緩和ケアの画像

ログインして全文を読む