緩和ケアというと、癌の終末期が対象で、特別な医療者が担うものというイメージが依然として根強くあるようです。もちろん正しい認識ではありません。緩和ケアは癌であろうとなかろうと関係ありません。全ての生命を脅かす疾患を抱える患者や家族が対象であり、その苦痛を緩和することで生活の質を改善する試みと定義されます。専門家のみが行うべきものでもなく、全ての医療・介護者が備え持つべき心得のようなものといえば、少しはイメージが付きやすいでしょうか?

緩和ケアは癌だけのものじゃないの画像

ログインして全文を読む