多死社会を迎えようとしている今、国は在宅医療を推進し、在宅で最期を迎える患者が増えるよう誘導していますが、在宅での看取りを最善とする雰囲気作りは、人を傷付ける可能性があることを忘れてはいけません。

ログインして全文を読む