ケアマネジャーが仕事を行う上で苦労するのが、医療機関との連携です。前回までは、2回にわたって、医療機関との連携に苦悩するケアマネジャーの話を紹介しました。今回はその逆で、在宅で介護を受けている高齢者Aさんと、その介護者である家族の想いとのギャップに苦悩し、落胆していたケアマネジャーが、かかりつけ医の一言で大きく救われたケースをお話しします。

落胆するケアマネを救う医師の一言の画像

ログインして全文を読む