前編の要約:吉田さんは軽度の知的能力障害で統合失調症。弟さんの支えで一人暮らしをしていたが、72歳の頃、ふらつくようになり、受診したところ髄膜腫が発見された。

「治せる病気を治さない」医療者の苦悩と家族の達観の画像

ログインして全文を読む