統合失調症残遺状態の加藤さんを、「夢の薬」とも思ったアリピプラゾールに変薬したところ、思わぬバッドエンドを迎えました。加藤さん以外にもアリピプラゾールに変薬した方は多くいましたが、どの方もうまくいきませんでした。大体の方は、加藤さんほどは悪くなりませんでしたが、幻覚妄想が悪化してしまい、アリピプラゾールを中止せざるを得なくなりました。それまで本当に統合失調症だろうか、と疑ってしまうほど何の幻覚妄想も見られなくなっていた方が、アリピプラゾールに変えると、まるで寝た子を起こすように症状が再発する、ということが繰り返されました。

加藤さんを助ける手立てはあったのかの画像

ログインして全文を読む