前回もご紹介しましたが、改めて書かせていただきますと、抗精神病薬は基本的にはドーパミン受容体を遮断する薬です。ドーパミン受容体の過剰シグナル伝達が統合失調症の病態に関係している、という機序がドーパミン仮説と呼ばれています。その真偽のほどは完全には解明されていません。しかし、少なくともドーパミン受容体遮断薬が統合失調症の症状を改善させるということは、数多くの臨床試験で実証されていますし、普段の診療でも実感します。しかし、同時に副作用も起こります。その代表的なものが、錐体外路症状であり、前回お示しした過鎮静です。

「夢の薬」が招いた思わぬバッドエンドの画像

ログインして全文を読む