小林さんは双極性障害の最重症、ラピッドサイクラー。肺炎も繰り返し、長期入院になっていました。僕が主治医になったころ、歩くとしんどい、長く歩けないと苦しそうに訴えはじめました。まずは狭心症を疑いましたが、心電図を見るとどうも違うようでした。息苦しさが強く、非常勤の呼吸器内科の先生に相談したところ、慢性閉塞性肺疾患(COPD)と診断されました。その頃はまだ、歩くとしんどい、という程度だったのですが、だんだん座っていても息苦しくなるようになってきました。

冬将軍との死闘の画像

ログインして全文を読む