前回(こんにゃくより怖い、パンと鶏肉)の続きから始めます。当直の朝、入院患者である伊藤さん(仮名、70歳代男性)の喉詰めで呼び出される。約3年ぶりの喉頭展開をして無事に異物のパンを取り出し、呼吸と心拍の再開を確認した。しかし、心拍は弱い…。

お花畑からの生還の画像

ログインして全文を読む