私は、久留米大学病院の循環器病センター外来(循環器内科・心臓血管外科・小児循環器科の合同センター)でスタッフナースとして勤務しています。その傍ら、心不全緩和ケアを提供する「心不全支援チーム(Heart failure Support Team :HST)」のメンバーとしても活動しています(図1)。しかし、HSTとして特別な活動日が認められているわけではなく、外来処置室における看護業務の合間にチーム活動を行っています。

外来看護師の視点から考える心不全緩和ケアの画像

ログインして全文を読む