超高齢社会と心不全パンデミックの到来にあたって、「心不全緩和ケア」が徐々に大きなトピックとなってきました。この連載では、高齢者から心臓移植待機患者に至るまで、実際の症例を通して心不全緩和ケアの実情や様々な問題点を明らかにし、議論していきたいと思います。読者コメントを受け付けておりますので、ぜひ皆さんのご意見もお聞かせください。初回は、高齢者診療で日常的に遭遇する硬化性の大動脈弁狭窄症(AS)の症例を検討してみます。

適切な治療を行いながらの心不全緩和ケアとはの画像

ログインして全文を読む