【今回の相談事例】ある患者の画像診断を依頼したところ、放射線科からは「異常はあるが癌の所見とはいえない」という回答が返ってきました。専門家の読影だからと鵜呑みにしてしまい、示唆もなかったことから造影検査の再依頼をせず、結果的に、造影検査を行えば発見できた癌を見落としてしまいました。依頼した我われには責任はないと考えてよいのでしょうか。

ログインして全文を読む