【今回の相談事例】外来通院中の患者が、検査の結果、末期の肺癌であることが判明しました。既に救命・延命のための有効な治療方法はなく、疼痛などに対する対症療法を行う以外にない状況です。患者の性格などを考慮して、本人に告知する前に、まずは家族に対して説明しようと思っているのですが、患者は毎回1人で通院してきていて、なかなかチャンスがありません。このような場合、どのように対応すればよいのでしょうか。

ログインして全文を読む