【今回の相談事例】癌で入院した高齢の患者が死亡しました。長い闘病の間、通院の際や入院中のベッドの傍らには、いつも少し控えな感じの、患者よりはやや若いものの、それでも歳のいった女性が付き添っていました。死亡すると、患者の妻とおぼしき人と子供たちが立ち替わり来て、その女性の姿は見られなくなりました。その後、2カ月ほどして、その女性が病院に来ました。生命保険用の診断書を書いてほしいとのことです。

ログインして全文を読む