【今回の相談事例】下肢の左片麻痺にて入院した患者に、頭部MRI、脳血管造影検査などの結果、右中大脳動脈などに高度狭窄を認めました。そのため、経皮的血管拡張術を施行したところ、術中の血管造影でガイドワイヤーが血管外に存在するのを認めたため、ガイドワイヤーを引き戻しました。

ログインして全文を読む