【今回の相談事例】急性期病棟に入院中の患者(80歳 女性)が、夜間せん妄状態になり、ベッドから転落する危険が高いと考えました。そこで、転落を防止するため、患者の上肢を抑制しました。翌日、これを知った患者の家族から「人権蹂躙(じゅうりん)だ」と非難されてしまいました。抑制したのは間違いなのでしょうか。

ログインして全文を読む