【今回の相談事例】癌の疑いがあり、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)後に重篤な術後膵炎を起こし、不幸にして数日後に亡くなってしまった患者がいます(死後の病理解剖では癌はありませんでした)。ERCPの適用や手技についての落度は全くありませんでしたが、術後膵炎の可能性については説明していたものの、ERCPの合併症で亡くなる可能性までは説明していませんでした。

ログインして全文を読む