【今回の相談事例】下腿の網皮斑の症状を有する若い女性患者の皮膚病変診断のため、局所麻酔を行い、下腿内側中央部からいわゆるパンチ生検で皮膚標本を採取したところ、1週間くらいして生検部から足関節にかけて、しびれや疼痛を訴えたため、メコバラミンなどの内服薬を投与して経過観察していました。

ログインして全文を読む