Preventable trauma death(防ぎ得た外傷死)の多くは、気管挿管の遅れと関係があるといわれている。気道管理に慣れている救急医や麻酔科医にとっても、気道の異常、すなわち気道緊急はストレスのかかる場面である。今回は、緊急時の気道管理について概説したい。特に強調したいのは、気道確保の手段は気管挿管だけに限るものではないということ。また、気管挿管を行う場合は、気管に挿管したという確認を確実に行ってほしいということだ。

気管挿管の合併症を防ぐ現場のノウハウの画像

ログインして全文を読む