昔は頭部CTといえば撮像法は1つだったが、現在は技術の進歩によりいろいろな撮像法が可能になった。現場では、検査指示を出す医師が撮像法まで指定するオーダリングシステムが普及していると思われ、各種撮像法の特徴を理解して、状況に応じた使い分けをしてもらいたいと思う。ただし、ヘリカルとノンヘリカルの使い分けは、現場の診療放射線技師の判断で行う場合が多いようである。

状況に応じて撮像法を使い分けるの画像

ログインして全文を読む