これまでに、正常陰影の成り立ち、肺門部領域での正常陰影濃度の左右差、肺野陰影の濃度差、および気管支・血管影の偏位から、いかに肺野病変の可能性を読めばいいのかについて解説した。また、可能であれば比較読影することの有用性にも触れた。今回は、横隔膜や心臓などと重なる部位においても、異常陰影を見逃さないポイントを解説する。

結節影が消えたように見えるのはなぜか?の画像

ログインして全文を読む