「誰も呼ばなくていい! 僕が、みんなに会いに学校に行く」。何とか聞き取った君の声が、君の心が叫んでいた。「生きていたい! 生きてみんなと一緒に同じものを見て、聞いて、触れて感じて、大声で笑いたい!!」と。「何を言っているの。もう君の命が尽きようとしているの。もう助けることができないと思うから。君に『だれに会いたい?!』『学校の友達? 先生?』と聞いているのよ」。君の命が尽きることは、自分が一番分かっているのに……。

「生きて、僕が、みんなに会いに行く」の画像

ログインして全文を読む