事務員として働いているAさんが、受診のため仕事を休んだ翌日、書類整理をしに看護部長室に来ました。看護部長であり上司でもある私は受診結果が気になり、Aさんに「どうだった?」と聞きました。すると「あの医師にこれから診てもらわなければならないと思うと、気が重く受診したくなくなる」「入院・手術となった場合、とっても耐えられないかもしれない」と訴え、受診時の状況を話し始めました。

医師の高圧的な態度が怖くての画像

ログインして全文を読む