何かの拍子に触れたその母親の手のひらは、石のように固く、大きく細かくひび割れ、ガサガサで血が滲んでいた。はっとした。母親の身体も心も、魂までもが、痛そうだった。辛そうだった。苦しそうだった。私は、どんなに言葉を探してもたどり着けない心に触れた思いがした。

母の手は石のように固くひび割れ、血が滲んでの画像

ログインして全文を読む