今回紹介したいのは、80歳代の女性の患者さんです。癌のターミナル期にあり、自宅のある地域の病院に転院することになっていました。病状の予後については既に説明されていました。患者さんは最期までこの病院でお世話になると話されていたとのことで、ご自身の病気については理解されている状況でした。

家で過ごしたい母、大きな不安を抱える娘の画像

ログインして全文を読む